beberise Co., Ltd.

Real Estate Agent Blog 不動産エージェントブログ

不動産会社が教える店舗探しのコツ3選|店舗探しに強い不動産会社を選ぼう

2024年05月03日

「店舗探しをしているけれど、なかなか理想の物件が見つからない」

このような悩みはありませんか。

住宅と異なり物件数が少ない店舗物件は、探すのに難航しがちです。

特に、個人や小規模の店舗を探している企業は、予算も限られているのでいい店舗に巡り合う確率が低くなってしまうでしょう。

そこで今回は、不動産会社が教える店舗探しの3つのコツをご紹介します。

不動産会社が教える店舗探しの3つのコツ

店舗探しでは、以下のようなコツを踏まえるといい物件に巡り合う確率が高くなります。

  • 未公開物件があるか調査する
  • 未信頼できる営業担当者と出会う
  • 店舗探しに強い不動産会社に協力を依頼する

特に、店舗物件を豊富に取り揃えている不動産会社との出会いが重要です。

未公開物件があるか調査する

店舗探しでは、未公開物件の存在を調査することが重要です。

未公開物件とは、広告やインターネット上に掲載されていない物件のことで、競合他社に知られずに優良物件を見つけられる可能性があります。

未公開物件はライバルが少ないので、理想の店舗に出会えるチャンスが広がります。

一般的に競争率が低く、条件の良い物件が多い点も未公開物件のメリットです。

しかし、未公開物件の情報を入手するためには、不動産会社との信頼関係が必要です。

営業担当者との定期的な情報交換や物件ニーズを共有することで、未公開物件の紹介を受けられる可能性が高くなります。

また、不動産会社のWebサイトやメールマガジンをチェックすることも、未公開物件の情報を得るためには重要です。

信頼できる営業担当者と出会う

店舗開業にあたって重要なのは、信頼できる営業担当者と出会うことです。

その理由は、店舗探しでは開業者の希望を理解し、適切な物件を提案してくれる担当者が必要になるためです。

店舗探しにおいて、営業担当者の役割は単に物件を紹介するだけではありません。

開業者の要望を汲み取って、最適な物件を提案することが求められます。

また、物件の詳細な情報提供や内見のスケジュール調整、契約手続きのサポートなど開業までの一連の流れをスムーズに進めるのも営業担当者の仕事です。

信頼できる営業担当者を見つけることが、店舗探しの第一歩といえるでしょう。

店舗探しに強い不動産会社に協力を依頼する

店舗探しに強い不動産会社に協力を依頼することが、開業成功への一番の近道です。

店舗探しに特化した不動産会社は、豊富な物件情報と開業支援のノウハウを持っているためです。

たとえば、飲食店開業に特化した不動産会社は、飲食店に適した立地や物件の特徴を熟知しています。

内装業者や厨房機器のリースなど、開業に必要な情報やサービスも提供しています。

開業までの道のりは決して平坦ではありませんが、専門性の高い不動産会社に依頼することで、開業までの期間を短縮可能です。

店舗探しから開業までを一貫してサポートしてくれる不動産会社を選ぶことが、賢明な選択といえるでしょう。

知らないと損する店舗探しの注意点

店舗探しでは、以下のように知らないと損する注意点があります。

  • 隅々まで内見で確認する
  • 居住物件は店舗利用できない
  • 内装工事の範囲は物件による
  • 業種が指定される物件がある

特に隅々まで内見しないと、後に不具合が発生しても対応してもらえない可能性があります。

隅々まで内見で確認する

内見で物件を隅々まで確認することは、店舗探しにおいて欠かせません。

物件の状態や設備、周辺環境などを細かくチェックしないと、契約していいかの判断ができないためです。

たとえば、水回りや電気設備の状態、床や壁の傷み具合、近隣の競合店の有無などを確認します。

内見は店舗探しで重要な工程になるので、時間をかけて丁寧に行いましょう。

居住物件は店舗利用できない

居住物件は、用途地域や建築基準法の制限によって店舗利用ができません。

居住物件を店舗として利用してしまうと、契約違反となりトラブルに巻き込まれるリスクが高くなります。

店舗探しでは物件の用途を最初に確認し、店舗利用可能な物件の中から気に入った物件を選ぶことが重要です。

居抜きは前の店舗のイメージを引き継いでしまう

居抜き物件は、前の店舗のイメージを引き継いでしまうリスクがあります。

そのため、前の店舗のイメージが自分の業態にマッチしているかを確認する必要があります。

前の店舗のイメージを払拭するためには、大幅な工事や異業種での開業が有効です。

居抜き物件のメリットとデメリットを理解した上で、物件選びを行うことが大切です。

内装工事の範囲は物件による

内装工事の範囲は物件によって異なるので注意しましょう。

造作工事可能な物件もあれば制限のある物件もあります。

内装工事の範囲を契約前に確認しておかないと、希望する店舗デザインが実現できない可能性があります。

物件の内装工事の条件を賃主と確認した上で、最適な店舗探しを行うことが賢明です。

業種が指定される物件がある

店舗探しでは、業種が指定される物件があることを理解しておくことが大切です。

物件によっては、飲食店の業種が限定されている場合があります。

たとえば、居酒屋のみ可能な物件や、軽飲食に限定された物件などです。

特に、ナイトワークは制限される可能性が高い業種なので、開業を予定している人は念入りに不動産会社に確認しましょう。

物件の業種指定を確認し、自分の業態に合う物件を選ぶことが重要です。

店舗探しに強い不動産会社と出会う理想の物件が見つかる

店舗探しをする際は、専門の不動産会社と出会うことが大切です。

不動産会社はそれぞれ得意な地域や物件があるので、店舗物件に強い不動産会社と出会うと豊富な物件から選べるためです。

もしお近くに店舗探しに強い不動産会社がない場合、Beberiseにご相談ください。

一覧に戻る
トップへ戻るボタン