beberise Co., Ltd.

Real Estate Agent Blog 不動産エージェントブログ

店舗物件で行われる審査内容は?確認される5つのポイントを解説

2024年07月03日

店舗物件を契約する際、避けて通れないのが不動産会社の審査です。

理想の物件を見つけても、この審査をクリアしなければ契約に至ることはできません。

初めて店舗物件を借りる方にとっては、どのような審査が行われ、何が重視されるのかは大きな不安要素でしょう。

そこで本記事では、店舗物件の審査内容と確認される5つの重要ポイントを詳しく解説します。

さらに、審査で確認される5つのポイントも紹介するので、理想の店舗物件を契約するための参考にしてください。

店舗物件の審査内容

店舗物件の審査は、賃貸契約を結ぶ上で重要なポイントです。

この審査は書類審査と面談の2段階で構成されているのが一般的です。

書類審査と面談の内容について、詳しく解説します。

書類審査

書類審査では、借主が記入した申込書を確認します。

名前や連絡先などの個人情報が正確か、年収や連帯保証人に問題がないかチェックされます。

不動産会社側は、その他に以下のような書類の提示を求めることもあるので、事前に準備しておきましょう。

  • 借主の事業計画書
  • 財務諸表
  • 過去の業績資料など

これらの書類を通じて、事業の実現可能性や財務の健全性を評価します。

具体的にチェックするのは、以下の点です。

  • 売上予測の妥当性
  • 資金計画の詳細
  • 過去の事業実績など

特に、新規事業で店舗契約をする際は、市場分析や競合調査の内容も重要視されます。

書類審査で問題がなければ、次の面談に進みます。

面談

面談は、書類だけでは判断しきれない借主の人柄や事業への熱意を直接確認する場です。

オーナーや不動産管理会社の担当者が借主と対面し、事業計画の詳細や経験、将来のビジョンについて質問を行います。

この段階では、コミュニケーション能力や借主の誠実さ、信頼性といった人間性も重要な判断材料となります。

また、店舗の使用目的や具体的な改装計画、営業時間など、運営方針についても確認されるので準備しておきましょう。

面談は双方にとって貴重なコミュニケーションの場になるので、借主は物件や契約条件について疑問点があれば直接質問できます。

店舗物件の審査で確認される5つのポイント

店舗物件の審査では、以下の5つのポイントが特に重要視されます。

  • 財務状況
  • 信用情報
  • 事業計画
  • 借主の人間性
  • 反社会的勢力との関係性

特に、現代では借主の人間性や反社会的勢力との関係性も重視されるので、それぞれ解説します。

財務状況

財務状況は、借主の支払い能力を直接的に示すデータです。

審査では、現在の資産状況や定期的な収入源、負債の有無などが細かくチェックされます。

特に、家賃や保証金の支払いに十分な資金があるかどうかが重要です。

また、事業開始後の運転資金の確保状況も考慮されます。

新規事業の場合は、初期投資や開業後数ヶ月間の運営費用をカバーできる資金があるかどうかも重要なポイントです。

財務の安定性は、長期的な契約の基盤となるため、慎重に確認されます。

信用情報

信用情報は、借主の過去の債務履歴や返済状況を示すデータです。

審査では、個人や法人の信用調査が行われ、過去の延滞歴や破産歴、現在の借入状況などが確認されます。

アメリカでは主流になっていますが、クレジットスコアも参考にされることがあるので注意しましょう。

良好な信用情報は、借主の信頼性を裏付けているという評価を得られます。

逆に、過去に大きな問題があった場合、たとえ現在は解決していても、審査に影響を与える可能性があります。

信用情報の重要性を認識し、日頃から適切な金融管理を行うことが大切です。

事業計画

事業計画は、借主の事業の実現可能性と将来性を示す重要な資料です。

審査では、以下の点を確認されます。

  • 市場分析
  • 競合調査
  • マーケティング戦略
  • 収支計画など

特に、売上予測の根拠や損益分岐点の計算、リスク分析などが重視されます。

また、業界の動向や地域特性との整合性も重要なポイントです。

具体的で実現可能な計画であることはもちろん、独自性も評価の対象となります。

綿密な事業計画は、審査を有利に進める重要な要素となります。

借主の人間性

借主の人間性は、面談を通じて評価される重要な要素です。

誠実さ、信頼性、コミュニケーション能力などが主な評価ポイントとなります。

また、事業への熱意や責任感、問題解決能力なども長期的なビジネス展開ができるかの観点で重視されます。

過去の事業経験や、同業他社での勤務経験などがあれば有利に働くでしょう。

不動産会社側は長期的なパートナーとしての適性を見極めようとしているため、単なるビジネススキルだけでなく、人格的な側面も重要視されます。

面談では、自身の強みや経験を具体的に伝え、信頼関係を構築することが重要です。

反社会的勢力との関係性

反社会的勢力との関係性の確認は、法令遵守と社会的責任の観点から重要視されます。

審査では、借主や関係者が反社会的勢力と関わりがないかどうかが慎重に調査されます。

これには、直接的な関係だけでなく、間接的な関与も含まれるので注意しましょう。

多くの場合、反社会的勢力と関わらないという誓約書の提出が求められ、虚偽の申告があった場合は契約解除の対象となります。

この審査は、物件や周辺地域の安全性を確保し、健全なビジネス環境を維持するために不可欠です。

借主側も、この点について十分に理解し、透明性を持って対応することが求められます。

店舗物件の審査は事前準備をすればクリアできる

店舗物件の審査は単なる形式的な手続きではなく、双方にとって安全で有益な取引を確保するために重要です。

審査では、財務状況、信用情報、事業計画、契約者の人間性、反社会的勢力との関係性など多角的な視点から借主の適性が評価されます。

これらの審査項目を十分に理解し、適切に準備することで、希望する店舗物件を契約できる可能性が高まります。

綿密な準備と誠実な対応により、オーナーとの信頼関係を構築し、長期的な事業成功への道を開くことができるでしょう。

礼金を含む初期費用をなるべく抑えたい方は、ぜひ一度店舗物件に詳しいBeberiseにご相談ください。

一覧に戻る
トップへ戻るボタン