beberise Co., Ltd.

Real Estate Agent Blog 不動産エージェントブログ

店舗物件の初期費用はどのくらい?費用の項目と節約のコツを解説

2024年07月05日

条件の合う店舗物件を契約する際に気になるのが、初期費用です。

初期費用には複数の費用項目が積み重なるので、その総額が意外と大きくなることもあります。

店舗物件の契約が初めての方は、それぞれの項目の相場や、費用を節約する方法について詳しく知りたいと思うでしょう。

そこで本記事では、店舗物件の初期費用の内訳や相場を詳しく解説します。

また、初期費用を効果的に抑えるための具体的なコツも紹介するので、少しでも安く理想の店舗物件を契約するための参考にしてください。

店舗物件の初期費用項目

店舗物件の初期費用には、以下のような項目が含まれます。

  • 保証金
  • 敷金・礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 保険料
  • 申込金

初めて店舗物件の契約をする方は、それぞれの費用相場も参考にしてください。

保証金

店舗物件を借りる際に支払う保証金は、家賃の6ヶ月分が一般的です。

この費用は、賃貸借契約が終了する際に返金されることが多いですが、原状回復費用などが差し引かれることもあります。

保証金の金額は、物件の所在地やオーナーの条件によって異なります。

例えば、都心部では高額になることが多く、地方では比較的低額であることが一般的です。

保証金は賃貸借契約が終了するまでオーナーが保管し、賃借人の責任で生じた損害や未払い賃料がある場合、その費用が差し引かれます。

敷金・礼金

敷金は、物件の損傷や未払い賃料をカバーするために預ける費用です。

一方、礼金はオーナーへの謝礼金として支払います。

敷金は返還されることが多いですが、礼金は返金されないのが一般的です。

敷金は家賃の1〜2ヶ月分、礼金は1ヶ月分程度が相場です。

物件が長期間空いている場合やオーナーが早く借り手を見つけたい場合は、敷金や礼金の減額交渉ができる可能性があります。

仲介手数料

不動産会社を通じて物件を契約する際には、仲介手数料が発生します。

通常、家賃の1ヶ月分程度が相場です。

しかし、仲介手数料も交渉次第で減額できる場合があります。

特に、複数の不動産業者を利用している場合や物件が人気エリアでない場合には、手数料の減額交渉が成功しやすくなります。

また、一部の不動産業者は特定の条件を満たすことで手数料を割引するキャンペーンを行っていることもあるため、事前に確認することが重要です。

前家賃

前家賃は、契約開始前に支払う家賃です。

これは、最初の1ヶ月分の家賃として支払うことが一般的です。

前家賃は返金されることはありませんが、契約時に支払う金額の一部として考慮する必要があります。

前家賃の支払いは契約の締結時にまとめて行われることが一般的で、これにより契約が成立となります。

保険料

店舗物件を借りる際には、火災保険や地震保険などの保険料が必要です。

これらの保険料は物件の立地や規模によって異なりますが、災害時のリスクを軽減するために重要な費用です。

例えば、火災保険は火災や漏水による損害をカバーし、地震保険は地震による損害をカバーします。

保険料は年額で支払うことが多く、保険会社やプランによって異なるため、複数の保険会社の見積もりを比較するのがおすすめです。

申込金

申込金は、物件を申し込む際に支払う予約金です。

契約成立時に申込金の一部が返金されることがありますが、契約が成立しなかった場合には返金されないこともあります。

申込金の金額は物件やオーナーによって異なります。

申込金は、他の借り手に物件を取られないようにするための費用として支払われるのが一般的です。

申込金を支払うことで賃借人は物件の確保を保証され、オーナーは確実に契約を進められます。

店舗物件の初期費用を節約する3つのコツ

店舗物件の初期費用を節約したい方は、以下のコツを試してみましょう。

  • 賃料を交渉する
  • 手数料を抑える
  • 改修費用や修繕費用を交渉する

特に、毎月発生する賃料を交渉すると長期的な節約になります。

賃料を交渉する

初期費用を抑えるためには、賃料の交渉が有効です。

物件の契約条件や周辺相場を調査して資料を作っておくと、オーナーとの交渉を有利に進められます。

賃料の交渉は、契約の初期段階で行うことが一般的です。

長期間の契約を希望する場合や一括で前払いをする場合には、賃料の減額が実現しやすくなるので覚えておきましょう。

手数料を抑える

仲介手数料や事務手数料などの各種手数料も交渉の対象です。

これらの費用を抑えるためには、複数の不動産業者と交渉し、最適な条件を引き出すことが重要です。

特定の条件を満たすことで手数料が無料になる場合もあるため、事前に確認し、条件に合った業者を選びましょう。

改修費用や修繕費用を交渉する

物件の改修費用や修繕費用も大きな初期費用の一部です。

これらの費用を抑えるためには、事前にオーナーと交渉し、改修費用の一部負担や修繕費用の減額を提案することが有効です。

例えば、オーナーが物件の内装をリフォームする場合や修繕が必要な場合には、オーナー側で負担する条件で契約を進められます。

交渉の際には物件の現状を詳細に確認し、必要な改修や修繕箇所を具体的にリストアップすることが重要です。

店舗物件の初期費用を安く抑えて開業しよう

店舗物件の初期費用は複数あるので、各項目を理解し、効果的に交渉することで大幅な節約が可能です。

しっかりと準備を行い、費用を抑えて成功する店舗経営を目指しましょう。

店舗物件の初期費用をなるべく抑えたい方は、ぜひ一度店舗物件に詳しいBeberiseにご相談ください。

一覧に戻る
トップへ戻るボタン