beberise Co., Ltd.

Real Estate Agent Blog 不動産エージェントブログ

店舗物件の失敗しない探し方!効率的な探し方と具体的な流れ

2024年05月16日

店舗物件を探そう!と思っても、何から始めたらいいか分からない方も多いのではないでしょうか。

店舗物件は正しい探し方や流れを知らなければ、時間とお金で大きな”損”をしかねません。

今回は、店舗物件の探し方やコツについて紹介していきます。

また、店舗物件契約までの流れについても解説します。

店舗物件の探し方

店舗物件を探す主な方法は、以下の3つが挙げられます。

  • インターネットで調べる
  • 不動産会社を活用する
  • 知り合いからの紹介

他にも、時間に余裕があれば、店舗を出店したいエリアを実際に歩いてみるのもいいでしょう。

出店したいエリアの周辺の環境や競合店なども調査できます。

それぞれについて解説します。

インターネットで調べる

最初に、インターネットで検索を行います。

不動産サイトはさまざまなものがありますが、サイトごとに特徴があります。

たとえば、居抜き物件や専門店舗物件を紹介するサイト、あるいは一般の不動産サイトの中で店舗物件を見つけることができるものなどがあります。

同じ物件が複数のサイトに掲載されている場合もあれば、特定のサイトにしかない場合もあるため、複数のサイトを見比べることが大切です。

不動産会社を活用する

もし出店エリアや駅を特定している場合は、そのエリアに強い地元の不動産業者を利用することも有効です。

インターネットとは異なり、地域に密着したネットワークを持つ不動産業者も多くいます。

また、店舗のコンセプトや資金、保証人の状況がきちんと整っている場合は、ネット上では公開されていない情報を得られる可能性もあります。

そのため、希望のエリアの不動産業者を訪問することも、効果的な手段といえます。

知り合いからの紹介

自身の周囲に店舗物件を探している旨や条件を伝えることで、知人や友人からの紹介で物件に巡り合うこともあります。

実際に、「地元の店舗のオーナーが後継者を探している」「SNSで物件を紹介してもらった」といったケースも少なくありません。

情報を収集するだけでなく発信すれば、同じ物件を探すライバルと差を付けることができます。

店舗物件を探すときのコツ

理想的な店舗物件を探すには、以下3つの点を意識してみましょう。

  • 出店予定エリアを実際に歩く
  • 未公開物件があるか調査する
  • 複数の不動産会社に相談する

自店に求めるコンセプトに合った物件を探すためにも、上記それぞれのポイントについて解説します。

出店予定エリアを実際に歩く

出店したい場所が見つかったら、そのエリアを実際に歩いてみましょう。

実際に歩くことで、想像と違う点が見つかることもあります。

ターゲット層が来店しやすいか、競合店舗の数は多くないかなど、街の雰囲気を感じることが重要です。

不動産会社を介さずに、オーナーから直接募集されている物件もあるので、そのような物件も探してみるのもおすすめです。

未公開物件があるか調査する

インターネットを利用するのは重要ですが、実は公開されていない物件もたくさんあります。

未公開物件は主に不動産会社が持っていることが多いので、不動産会社に問い合わせてみるのもおすすめです。

地域に特化した不動産会社に相談すると、良い物件が見つかる可能性が高まります。

また、事業用物件の解約についても注意が必要です。解約は通常半年前に通知されることが多いので、早めの行動が重要です。

複数の不動産会社に相談する

不動産会社に相談する際は、複数の不動産会社にたずねるのがおすすめです。

それぞれの会社によって得意な物件や価格が異なります。

出店エリアの相場を知るためにも、複数の会社を訪れることが大切です。

また、自治体や商工会議所でも店舗物件の斡旋を行っている場合があるので、それらも利用してみてください。

店舗物件契約までの流れ

店舗物件を探す経験がなくても、住居の物件探しはお持ちだと思います。

基本的な手順は、住居用物件と同じです。

一般的に、まずは希望するエリアの不動産屋さんに訪れて条件を伝え、物件を紹介してもらいます。

その後、気になる物件を内見し、申し込み、貸主の審査を経て、合意が得られれば契約を結びます。これが賃貸契約の基本的な流れであり、店舗物件も同じです。

大まかな流れとしては以下の通りです。

  1. 物件を探す
  2. 内見をする
  3. 入居申込する
  4. 物件契約(賃貸借契約)
  5. 入居審査
  6. 物件の引き渡し

理想的な店舗を探すのであれば、1と2の工程が一番重要です。

先述のコツをしっかりおさえて店舗物件を探してください。

店舗物件はbeberiseで効率的に探そう

良い店舗物件を見つけるのは、手間と時間がかかります。

今回紹介したように、実際に出店したいエリアを見て回ることで、新たな気づきがあるかもしれません。

自分の目で見て、自分の店舗のイメージに合った物件を探してみましょう。

さらに、店舗探しでは専門の不動産会社との連携が肝心です。

地域に専門家がいない場合は、Beberiseにご相談ください。

一覧に戻る
トップへ戻るボタン